三重県の一般貨物配送業に就職するには?ドライバーの仕事内容についてカンタン解説!

三重県には、トラック・自動車を運転して荷物を運送する仕事を中心に営業する運送会社が2022年11月時点で200件以上あります。そのため、一般貨物配送業のドライバーとして就職を検討している方も少なくないのではないでしょうか。ドライバーを目指している方に向けて、三重県の一般貨物配送業の仕事内容や就職する手段について簡単にわかりやすく解説させていただきます。

三重県の一般貨物配送業ってどんな仕事?

基本的に、一般貨物配送業の仕事内容は地域によって大きく変わることはありません。トラックを運転して目的地に荷物を届けたり、目的地に到着した後トラックに載せていた荷物を施設内に運搬するのが主な仕事内容です。スーパーやコンビニエンスストアに商品を運ぶのはもちろん、近年では通販によって購入された物品を個人宅に配達するケースも多いため、就職先によって運送する荷物の内容は変わります。一般貨物配送業のドライバーとして就職する場合は運転免許証が必要になるため、運送業界への就職を希望する場合は必ず自動車教習所に通って免許証を取得しなければなりません。

ドライバーとして就職する方法について

運送業界でドライバーとして就職する方法としては、直接企業の公式ホームページにあるフォームに応募したり、地域の情報誌に記載されている求人募集に連絡する手段が挙げられます。また、インターネット上のドライバー専門求人サイトを利用するのも手です。特に後者は三重県のみならず日本全国の求人情報が掲載されてあるため、希望する就職先が思い当たらない場合など、困った時に頼ることができます。無料で利用できるサービスが多いため、就職先が決まらない場合はドライバー専門求人サイトを活用してみてください。

まとめ

現状、運送業界は三重県に限らず若手のドライバーを募集する傾向にあります。力作業である一般貨物配送業を続けるには体力が必要不可欠になるため、一定の筋力・持久力を保っている若手のパワーを必要としています。また、近年は女性でもドライバーとして就職できる企業があるため、性別に限らず誰でも運送業界で働くことができます。詳しい情報に関しては、地域の求人情報誌やドライバー専門求人サイトを確認していただければ幸いです。

熊本で利用されている運輸サービス!郵便運送とは?

熊本には様々な運送ビジネスがあります。
その中に郵便局から委託を受けて行う郵便運送があります。
今回は、この郵便運送とはどんなものなのか、熊本の場合個人で請け負う場合はどのような業務になるのかといった内容で解説していきます。

郵便運送はBtoBビジネス

郵便運送は一言で言えばBtoBビジネスです。
郵便局からの業務を一部引き受け、郵便局に代わって郵便局から仕事をもらって業務を行います。
BtoBビジネスとは企業などに業務用のサービスを提供することをいうので、郵便局から仕事を受けて行う郵便運送は、まさにBtoBビジネスといえるでしょう。
熊本でもこういった業務を行う企業が存在し、郵便局だけでは対応できない膨大な量の郵便物の一部を郵便運送という形で代行しています。

郵便局の委託ドライバーが熊本でも活躍

郵便局の依頼に対して郵便運送を行う企業は、全国レベルの巨大な企業や日本郵便のグループ企業になっている大手運送会社がほとんどです。
しかし、郵便運送のうちゆうパックと呼ばれる荷物輸送に関しては個人事業主のような形で委託ドライバーが熊本で活躍しています。
顧客に対して直接荷物を渡す郵便運送業務なので、郵便局と全く違った格好では問題があります。
そのため、郵便に携わっていることを証明するユニフォームの支給を受けたうえで、車両にマーク(〒)を塗装して行っているのです。
個人事業主ではなく、熊本の地域密着型の中小企業が引き受けてまとめて業務を引き受けているケースもあります。
いずれにしても直接顧客と接する都合上、郵便関係者であることを証明する格好で業務に当たっているのが特徴といえるでしょう。

はたから見れば郵便局員ですが、熊本では郵便運送の委託を受けた企業や個人事業主が活躍しているのです。

京都で実際に募集がかかっている求人

京都で求人かかっている運送会社は?

景気に左右されない仕事と言えば、運送あたりでしょう。最近は「運送の仕事はブラック」と言われていますが、職場と上手くマッチできれば安定します。ドライバーをやるには、免許書があれば問題ないでしょう。
では、具体的にどこの運送会社が募集をかけているのでしょうか。京都の運送会社で、求人募集をかけている会社について紹介します。

下京区で募集がかかっているドライバー

求人で最も多く見られたのは、ドライバーでした。下京区にある運送会社では、専属ドライバーを募集。月給24万~45万。朝6時からの出勤となっていますが、シフト制です。仕事内容は、会社の重役様。
運送は何も、荷物だけを運ぶのが仕事ではありません。タクシーやバスのような、人を目的地まで運ぶのも運送の仕事です。人を送りするのが仕事になりますので、命も守らなければいけません。責任のある仕事にチャレンジするのなら、おすすめの職場と言えるでしょう。

日給対応も可能

日給に対応している会社も、京都にあります。普通免許があればできる仕事になりますので、経験がない人でも問題ございません。軽バンを使って宅配。最近は置き配利用もありますので、対人コミュニケーションに不安がある人でも無理なく働けるでしょう。会社では長期だけでなく、短期でも募集。
ここまで来ると「ブラック疑惑」が、湧いて出てくるでしょう。運送の仕事のブラックぶりは、一時期社会問題になったほどです。完全に改善されたとは言い切れないものの、一昔前と比べると負担は軽くなりました。話だけで避けるのではなく、実際に経験した上で判断をしても問題ないでしょう。

女性も活躍

ダンプカー運転手を募集している会社も、京都にありました。主な仕事は、建築材や土砂の運搬です。仕事現場は都会だけでなく、田舎に及ぶ場合もございます。
仕事内容を考えると、女性が働くのに厳しいと思われるでしょう。しかし、力仕事を任されることはほとんどございません。あったとしても、軽作業程度です。実際に現場の第一線で働く女性は増えてきており、男性以上に活躍している方は少なくありません。