神奈川の産業廃棄物の処理を依頼する前に知っておきたいこと

産業廃棄物とは

廃棄物には、一般と産業に分けられます。
産業には、産業と特別管理廃棄物があります。
産業とは事業活動で出たごみがあります。
もう一つは、事業活動に伴って生じた廃棄物のうち法律で定められた20種類があります。
20種類のうち、あらゆる事業と特定の事業活動に伴うものに分類されます。
双方を合わせて産業廃棄物と呼ばれます。
オフィスででた紙屑は産業廃棄物ではないかと考えられますが、一般ゴミで可能です。
一方しか当てはまらないからです。
神奈川の産業廃棄物は、主に建設業からでることが挙げられます。
産業廃棄物の処理を依頼する前には、一般ゴミで可能なのかあるいは依頼しなければならないのかを知っておく必要があります。

産業廃棄物を依頼するには

神奈川の産業廃棄物の処理は、自社でも施設に持ち込みはできます。
大量でも自分で積み込みしなければなりません。
運搬車の手配や、許可などの申請が必要になります。
大掛かりな作業は業者におまかせする方がよいでしょう。
神奈川県の産業廃棄物を営むにあたって業者は、施設の許可と業の許可の二つを受ける必要があります。
許可を受けていないと罰せられるからです。
大切なことは、許可を受けていない業者に依頼するものも罰せられことです。
廃棄物を業者に依頼したら、終わりではありません
業者任せにせずに、廃棄物がきちんと処理されているかどうか確認する義務が生じます。
知らない間に不法投棄されていることがあるからです。
確認するために必要なのが、産業廃棄物管理票です。
業界では、マニフェストと呼ばれます。
ゴミがきちんと処理されているかの証明書です。
業者が、発行して記入してくれます。
平成2年から義務付けられました。
7枚複写になっていて、工程ごとに使用されます。
180日過ぎて、4枚の複写が返送されていなかったら問い合わせる必要があります。
5年間は保存しなければなりません。

クレーン操縦に必要な資格は?茨城でも取得できるの?

クレーンは乗用車と同じく資格が必要です。
ここで気になるのは茨城でも取得ができるのかということです。
資格といえば、様々なものをイメージしますが、茨城県内では取得できず、東京へ行くというケースも少なくありません。
今回は、クレーン操縦に必要な資格や茨城県でも取得できるかについて解説します。

数が多いクレーンの資格

クレーンには多くの種類があり、それらに対応した資格がいくつも存在します。
ざっと紹介すると次のような分野があり、茨城で活躍しているクレーンも多くあります
1:5t以上(クレーン無線操作式、床上運転式、床上操作式)
2:5t未満
3:デリックの運転※吊り上げ式のクレーン
4:跨線テルハ※貨物駅にある大型のクレーン

また、移動式クレーンになると次のような資格があります。
5:移動式クレーン(5t以上、1t以上5t未満、1t未満)
6:玉掛け

このように資格が多くあり、茨城県でも取得できる資格があります。
しかし、多いがゆえに茨城でも取得できないクレーン資格があるのも事実です。
次の項目では茨城で取れない資格について解説しましょう。

茨城で取得できないクレーン資格は?

茨城で取得できるクレーン資格は数多くあり、教習所を利用すればほとんどのクレーン資格が取得できます。
ただし、クレーン・デリック運転士(限定なし)は、一連のクレーン操作ができるようになります。
クレーン限定は、一般的なクレーンであれば一通りのクレーンが操作できますが、特殊なクレーンは操作できません。
このクレーン限定の資格は茨城で取得できますが、全てのクレーンが操作できる限定なしの免許を取得するには、県外の教習所に行く必要があります。
特殊なクレーンを操作するのでなければ問題ありませんが、完全にカバーしているわけではない点に注意しましょう。
ただ、移動式クレーンに関しては茨城県内でも取得可能です。

熟練の技が受け継がれる桐箱制作。茨城ではさまざまな形で支援する

茨城は、関東北部に位置します。北は福島、北西は栃木、南西は埼玉、南は千葉に隣接する地域です。茨城は、太平洋側気候で夏は多雨、高湿であるため蒸し暑く、冬は雨が少なく乾燥しやすい気候です。茨城は、平地が多いことから農業が盛んで農家軒数は全国2位。生産額は全国4位です。

地域で発展した産業を守るため積極的な支援が行われる茨城

茨城では、地域で育まれ発展してきた産業に対しさまざまな支援や取り組みが行われます。地場産業は、歴史的な背景を持つことが多くあります。茨城で行われる補助は、支援事業補助金、総合支援事業、販路開拓や人材育成に関することなど、支援内容は多岐にわたります。このように、茨城では地域に古くから続く産業をさまざまな形で支援しています。

伝統の桐材加工、箱制作が受け継がれる茨城

伝統工芸品のひとつとして、茨城では桐の箱制作が受け継がれています。茨城は、かつて桐の産地ということから桐材の加工業が盛んでした。大正から昭和初期にかけては水運の利便性を活かし東北地方の桐材を手に入れ、さまざまなものへ加工し東京や九州など全国各地へ出荷されるほどの一大産業でした。現在では、国産の桐材が減少しています。昔から続く伝統を絶やさないよう伝統的な技法を守りながら桐の箱製作が進められています。

熟練の職人技が守り、受け継がれ継承される桐箱制作

桐は、古くから箱制作や箪笥など多くの製品に使用される伝統的な木材です。軽量で水を通しにくく、調湿性や抗菌性、保湿性、防虫性に優れているといった特徴があります。桐は日本では古くから良質な木材として重宝されています。見た目の美しさや手触り、機能性など魅力に溢れた素材です。桐は、このような特徴から日本の気候に非常に適した素材とし、さまざまな桐製品に加工されます。桐箱の特徴のひとつが機密性。桐箱は、これによって内部と外部を遮断でき湿度や気温など環境の変化から内部を守ります。素晴らしい桐の箱制作が出来るのは熟練の職人技が受け継がれているからでしょう。