30代以降男性の一人暮らしのライフハック情報

独身の方や単身赴任で一人暮らしをしている場合、自分で全て行わないといけないため、時間に余裕がなくなります。

想像以上に一人暮らしは大変なため、生活を楽にするための工夫が求められます。

工夫をしていく事で一人暮らしが便利で楽になります。

ご飯は冷凍を活用する

ご飯を炊く場合、毎回炊いていると時間がかかってしまいます。

炊飯器で3合分などをまとめて炊いて、余った分はサランラップに包んで、冷凍しておくことがお勧めです。

ラップに包んだ状態で冷凍しておけば、翌日以降にご飯を食べたい時に、レンジで解凍するだけですぐに食べられます。

できるだけ炊きたての状態で、ラップに包んでおくと解凍した後もふっくらとしたおいしいご飯が食べられます。

掃除をするための洗剤は色んな種類を買わない

掃除をするために、洗剤を購入すると思いますがいろんな種類の洗剤を揃えていても、場所を取ってしまったり使わないといったケースが出てきます。

そのため、水垢に対して効果的なクエン酸と油に対しては重曹の二つを揃えておけば十分です。

クエン酸と重曹をうまく活用して、掃除をすると短時間で簡単に済ませる事が出来ます。

洗濯をして乾燥後はそのままハンガーで収納

洗濯機で洗濯物をした後は、乾燥させて服を畳む人が多いです。

服を畳む作業が思ってるよりも時間が要してしまいます。

時短をするために、服を畳むのをやめてハンガーにかけた状態で乾燥させます。

乾燥が終わったら、ハンガーにかかった状態のままクローゼットで保管すると、服を畳む時間を削減できます。

ハンガーにかけておけば、場所も嵩張らずに収納効率も上がります。

一人暮らしを圧倒的にラクにするライフハック術16連発 | なにおれ

まとめ

男性の一人暮らしは、慣れない部分もあるため自分で行う家事は特に時間が要してしまいます。

仕事から帰ってきて、食事を作ったり洗濯物を行うと、時間を要するため意外と自分の時間がなくなってしまいます。

一つ一つの家事を工夫することで、時間を短縮できます。

いろいろな工夫を続けていくことで、自分自身の生活力やイメージする力も身についてきます。

生活力が身に付いていけば、一人暮らしも効率的で快適に過ごしていく事が出来ます。

写真撮影を生かした片付け方法の紹介!

片付けをしようにも手間取ることが少なくありません。

それにどこから始めて良いのか分からないという方も多くいます。

そんな時にお勧めしたいのが写真を活用した片付けです。

スマホで画像管理も簡単になった昨今、この機能を生かして片づけることで再び散らかった後でも戻しやすくなります。

そんな方法について解説しましょう。

写真を使った片付け方とは

写真を使った片付けは、大まかな流れとして現状の撮影を行って、スマホなどの編集機能で片づけたい部分をメモ、そしてそれに応じて片付けをするという3ステップで行われます。

まず、写真で片づけたい場所を撮影します。

撮影するメリットとして、撮影することで画像で見た場合客観的に片付けの計画ができることや片付け開始の合図として取り掛かりのきっかけになることが挙げられます。

次に画像を見ながら散らかった状態を確認し、散らかっている部分をペンツールなどでチェックし、どうしたいか簡単にメモします。

メモするのが面倒な方はチェックするだけでも十分効果が期待できます。

ここで違和感のある配置や使わないものが前面に置いてあるなど現状の問題点を洗い出せる仕組みです。

3ステップ目はそこで得られた情報をもとに片付けを行っていきます。

視界に複数種類のモノが映った状態では、脳の集中力が低下し、作業効率は著しく落ちるため、シンプルな状態にしていきましょう。

撮影して計画した段階である程度掃除のモチベーションが上がっているので、一気に進めるのがおすすめです。

最後に片付いたら撮影をして完了です。

これだけで片付けの効率化と散らかった際の原状回復が可能となります。

散らかっても写真を活かして片付けしやすい

写真撮影をすると再び散らかっても片付けしやすくなります。

片付いた状態が見本になるので、それを見ながらもとに戻していくだけです。

考えながら戻す場合に比べて時間も短くて済み、片付けのモチベーションが低下する前に作業が完了するメリットがあります。

片づけはまず「写真撮影」から始めよ (仕事が捗る部屋片づけ.004)|米田まりな | 捨てない整理収納アドバイザー|note

まとめ

作業効率の悪いところで家事や仕事をすると生産性は落ちます。

また、散らかっていると作業効率が40%低下するといわれているマルチタスクによって体力や作業効率が著しく損なわれてしまうのです。

このようなデメリットが多い散らかった状態も写真撮影をすれば、取り掛かりもスムーズになり、さらに片付けも容易になります。

仕事場でも片づける時間があれば、まずは撮影をしてから計画を立て、一気に片づけて、最後に撮影するといった写真活用の掃除を試してみましょう。