居心地が悪い会話から抜け出る方法

会社にいるとコミュニケーションをとる機会は決して少なくありません。

しかし、中には居心地が悪い会話、無駄で早く抜けたい会話があるのも事実です。

そんな会話も長引くことが多くとてもストレスフルなことが少なくありません。

このような場面で会話から抜け出る方法についてまとめました。

こんな時の会話は早めに抜け出ること

会話から抜け出る基準は人によって異なります。

しかし、一般的にビジネスの場で抜け出るべきタイミングがあるのは確かです。

そんなタイミングとして挙げられるのが次の4つです。

  • 愚痴が止まらなくなっている
  • 終りのない雑談
  • こちらにとって都合の悪い話
  • 急ぎなのに出られない

これらの場合はこちらの業務に支障が出るため、早めに抜け出るべきです。

仮にそのままいたとしても愚痴を聞いて気分が悪くなったり、雑談によって疲れてしまったり、あるいは徐々にこちらに悪口の矛先が変わったりと良いことはありません。

さらに急いでいる場合は、かなり危険な状態になることも少なくありません。

そんな時は、早めに抜け出ましょう。

自分で自分に電話をかける

抜け出る方法として、スマートなのは自分で自分に電話をかけてしまうことです。

気軽なものとしてアプリ、やや手間がかかるものの確実なのは海外のWebサービスを使ってスマートウォッチとスマートフォンを連携させることです。

アプリは偽電話アプリと呼ばれるアプリを使うことです。

これはインストールして簡単な操作でリアルな着信音がなるので、相手も気づくでしょう。

【2022年2月】おすすめの電話偽装アプリランキング。本当に使われているアプリはこれ!|AppBank

もう一つは海外のWebサービスです。

IFTTT(イフト)と呼ばれるもので、これは生活の様々な機器(今回はスマートウォッチ)をつないで自動化するサービスになります。

この中には電話をかけるというレシピ(プログラムのことをIFTTTではレシピといいます)を導入し、スマートウォッチと連動させることで、スマートウォッチ長押しによってスマートフォンに電話が鳴る仕組みにできます。

さまざまなサービスが連携できる「IFTTT(イフト)」の使い方:IFTTT入門(1/3 ページ) – @IT

まとめ

仕事をしていると、抜け出たい会話というものは数多くあります。

共働きをして子育てをしている場合は、わずかな時間も惜しいものです。

そんな会話から出るには電話がかかってくるのが無難な方法と言えます。

もし、こういった会話に遭遇する機会が多ければ、今回紹介した方法で対応してみてはいかがでしょうか。

ただし、会話の中では抜け出ることで立場が余計悪くなることも少なからずあります。

今回紹介した場面であってもいたほうが良い場合もゼロではありません。

こういった判断を適切に行い、価値がないと判断したうえで電話をかけて退出しましょう。

お金で苦労する人 しない人中谷 彰宏

お金はどれほど持っていても、使い方や付き合い方を誤ればあっという間になくなってしまいます。

また、人並みの収入であってもうまく付き合うことで、より有益な生活が手に入ります。

その違いは何なのでしょうか。

本書ではその違いについて語っています。

それでは見ていきましょう。

お金と付き合うのに最も大切なことは

最初に結論をいえば、お金との付き合い方で最も大切なことは、騙されないことです。

当たり前のように思えることですが、実は世の中において巧妙な手であの手この手で騙そうとする人や企業が数多くあります。

世の中のお金の仕組みが分からないと巧妙な手によってどんどんお金が取られていってしまうのです。

社会人としてまず最初に仕事を覚えることも重要ですが、同時にお金の仕組みを知って騙されないようにすることが重要です。

お金よりも優先すべきこと

お金より優先すべきことは友人関係です。

しかし、友人関係といってもお金を貸してほしいと頼んできたら、貸すということではありません。

むしろ連帯保証人になれば地獄に落ちるとも言っています。

こういったことは断るように書かれています。

逆にこちらがチケットを販売するのノルマがあったら、友人に買ってもらうのではなく自分で買って友人に配ることを推奨しています。

友人に売りつけて友人関係を崩すのではなく、友人にチケットを渡して自分がお金を使えと説いています。

このようにお金は大切にすることは重要なものの、人間関係を壊すようなことはしてはいけないのです。

むやみに値切らない

値切れば出費も減ってお金と上手に付き合っていると思われがちです。

しかし、むやみに値切ると相手も手を抜いたり、不良品のようなものを渡してくる可能性があります。

そう言ったことをするのではなく、同じお金を払っておまけを貰うことを重視しろと説いています。

出費はそのままにおまけを貰えば、その分クオリティも維持しながらプラスアルファの恩恵が得られます。

まとめ

本書では安易にお金をけちるのではなく、大切に使うことや騙されないこと、人間関係を壊さないことを説いています。

人間関係が良好であれば、そこから新しい収入となるチャンスが得られるだけでなく、不幸な人生を歩みにくくなるという背景があるのです。

また、クレジットカードを作りやすくなった時代でキャッシュレス決済が流行っていますが、まずは現金を扱う方法を覚えてからそれらを扱うことも重要です。

まとまった収入が得られるようになった新社会人や若手社員の方にオススメの一冊といえるでしょう。

  

30代以降のビジネスパーソンが行う自己投資

30代に入ると、会社でも中堅クラスとなり仕事も任せられる時期となります。

30代から更なるキャリアアップやビジネス力の向上を目標にして、自己投資をする人も増えています。

ビジネスパーソンが自己投資している内容について紹介します。

ビジネス、キャリアアップのための自己投資

キャリアアップを目的として、会社以外で自己投資をするビジネスパーソンも増えています。

社外セミナーやビジネススクールの受講により、自身の知識やスキルを高めて、更なるキャリアアップのために自己投資する人が増えています。

コミュニケーションを向上するセミナー、マーケティングセミナー、ビジネススクールなど様々なスクール受講が可能です。

自身のスキルを高めたい分野のスクールに通うために、自己投資をするビジネスパーソンは多くなっています。

資格取得によるスキルアップ、学習

自己投資の中で多いのが、資格取得となっています。

資格には、様々なジャンルがありますが自身の価値を高めるために、新たな資格に挑戦するために、自己投資する人が多いです。

将来的に転職を見込んだ上で、資格取得やスキルアップを進めている人もいます。

さらに異分野の資格、興味のある資格にチャレンジする人も多いのが現状です。

英語力アップの自己投資

英語はビジネスにおいて、必要不可欠なスキルです。

社外の英会話スクールやオンライン英会話などに自己投資をして、英語力を磨いてキャリアアップを目指す人も増えています。

英語スキルを高めて、企業でのステップアップや自己スキルの向上をするために、自己投資されているビジネスパーソンが多いです。

【20~30代ビジネスパーソン550人に聞いた】仕事のための「自己投資」、何にいくら使っている? | リクナビNEXTジャーナル

まとめ

このように勤務先時間以外で、自分自身の余暇時間を使い自己投資をするビジネスパーソンが増えています。

勤務している企業での、キャリアアップや昇格、先々の転職を視野に入れたりと、自己投資の理由は人それぞれです。

資格や英語をはじめ、様々なスキルアップのために費用をかける傾向にあります。

30代以降だからこそ、更なる高みを目指していくビジネスパーソンが増加しています。

自身の将来のためのステップアップを目標にしている人が増えている傾向にあります。

年収1,000万円に届く人、届かない人、越える人

初めてこの本を手にとったのは、妻が読んでいたからです。

本を読むのが苦手な私でも、文字も大きく文字数も少なめなのでとても読みやすい印象でした。

年収を増やしたい人、まだ自分のしたいことや目標が見つからない人にとっては、自己啓発のためにはとても良い刺激を受ける本だと思いますよ!

30代の働く人に手にとってほしい!自己啓発を刺激される本

内容はとてもシンプル。

  • 年収400万は趣味と仕事とキッチリ分ける
  • 年収1,000万は趣味より仕事を優先する
  • 年収3,000万は趣味と仕事が一致している

と言ったように、年収別で3パターンの文章が出てきます。

シンプルで簡潔な文章なので、本が苦手な人でもスラスラ読むことができてとても読み進めやすいです。

面白いのは、年収の価格と生活における身の振り方が説明されていること。

普段の身のこなし方が、年収とも比例しているような印象を受けました。

特に、年収の高い人は生活自体に余裕を持っているだけでなく、普段の習慣が年収が低い人とは全然違うことが分かります。

ぜひ、日頃の自分の習慣と比較してみると面白いかもしれません。

年収をあげたい人にもおすすめ、日頃の価値観や常識が変わる

年収をあげたい人、日頃の物の考え方をお金持ちの思考にしたい人には、ぜひ細かく読み込んでほしいです。

特に気に入ったのは、

  • 年収400万は高そうに見えるものを好む
  • 年収1,000万は高いものを好む
  • 年収3,000万は見る人が見ればわかるものを好む

という文章です。

お金やブランドの物は、値段や価値観に左右されているけれど、本当に年収が高い人はこだわりのものを大切にして、ブランドには左右されないと言った印象を受けました。

人の良さや物の良さは、値段だけでは左右されないのです。

本当にお金のある人は、自分が持っていて気にいるものを知っているし、気にいる素材を知っているし、ある意味こだわりの思入れがあるものを大切にするのではないかと思いました。

仕事だけでなく、人生にも余裕が出そうな内容でした。

まとめ

まさに、「心の動く言葉がたくさん詰まっている本」という印象を受けました。

読み進めていくうちにだんだん年収の高い人の傾向がわかってきます。

年収をあげたい人は、普段の行動や意識を変えてみると良いのかもしれません。

そう気づかされる本でした。

30代男女の目標を探している人、夢に向かって突き進んでいる人にもおすすめの本です。

私も実際に、楽しみながらスラスラ読むことができてとても面白いし、読みやすい内容でした。

遺言 野村克也が最後の1年に語ったこと。

作者の飯田絵美さんと野村監督のお話をラジオで聞き、お二人のまるで映画のような感動の秘話の数々に心打たれ購入しました。

野球が好き嫌い、野村監督の好き嫌いに関係なく一人の人間の生き様を、この本を通じて多くの方に知ってほしいです。

お金よりも大切なもの

ご存知の通り野村監督はセレブです。

そのセレブの方が人生の最後に悲しみに包まれていた。

「お金で買えないものもある」と、お金持ちの人はそんな言葉を口にします。

サン=テグジュペリ著「星の王子」の中で王子様は言います、「本当に大切なものは、目には見えない」と。

今の混沌とした時代の中では綺麗事にも聞こえてしまいますよね。

でもこの本を読まれた方はきっと感じるはずです。

私たち人間は、今ないものをひたすら欲する生き物だと。

そしてその欲は無尽蔵、尽きることはない。

野村監督の悲しみの影に、人間の本能を感じました。

働くこと、生きること

仕事と人生は切っても切れないものです。

それは、仕事の中で人は自身の存在感と社会的価値(評価)を得ることができるからでしょう。

華麗なる野球の世界を生き抜いた野村監督が、その野球の世界(監督業)から離れた頃から感じ出した焦燥感。

それは定年退職を迎えたサラリーマンの心で芽吹いた不安や焦りと似ているように感じました。

終活を考える世代には、大きなる参考書となるはずです。

父と子の物語

野球人、野村監督としての顔だけでなく本書では、父親、野村克也の生々しいほどの人間愛にも触れられる。

男の生き様をここまで赤裸々に曝け出した本書は、まさに遺書のタイトルにふさわしい。

人のパーソナリティを構成するものは、8つの要素と言われる。

その8つで大体その人がわかる、らしい。

参考までに8つとは、

1、明るい、暗い。

2、楽観的、悲観的。

3、同調性が高い、自分勝手。

4、共感しやすい、冷淡。

5、信頼できる、当てにならない。

6、面白い、つまらない。

7、知能が高い、低い。

8、外見が魅力的、そうではない。

この本を読めば、人は8つの要素ぐらでは、到底測れないことがわかる。

まとめ

遺書というタイトルのノンフィクション本。

この1冊で野村監督の事を、まるで親しい親戚の叔父さんのように感じることができます。

私にとっての最高の自己啓発本です。

今悩んでいることがある人。

自分の能力の向上を目指している人。

精神的に強く成長したい人。

そんな方々に読み進めて頂きたい本です。

野村監督は、数々のビジネス本を書かれていることで有名ですが、この本全317ページの至ることろに点在する監督の名言は、老若男女、年齢関係なく心に張り付く。

簡潔かつ的確、最強の人生の指南書です。