一人暮らしの男性に、洗濯が楽になるグッズ

一人暮らしの独身男性は、会社が休みの日にのみ洗濯する人も多く、毎日する人に比べて量が増え、面倒だと思うことがあります。

たまの休みですのできれば、洗濯ものをきちんと乾かしたいですし、時間も無駄にしたくはありません。

どのようなグッズがあるのでしょうか。

「楽カジ LAUNDRY」洗濯ストレスを解決する便利グッズ|ホームセンター通販【カインズ】

籠の高さや重ね置きできるもの

男性は身長が高い人もいて、籠までの距離長いと、腰を曲げたり負担になることがあります。

ですから最初に籠の置く台を設置して、自分のやりやすい高さにします。

一週間に一度の洗濯は量が増えて籠が二つ以上になったり、重ねるタイプもおすすめです。

上側に来るほうが取りやすくなりますので、素早くできるようになります。

洗濯ハンガーの幅の調整ができるもの

洗濯ハンガーは便利な商品ですが、洗濯はさみの間が狭いと乾くの時間がかかります。

またいくつも商品を並べて、持ち歩いていると洗濯はさみ同士か絡んだり、面倒なことになります。

折り畳みタイプの洗濯ハンガーを買えば、スペースを有効活用できたり、収納にも良いです。

必要な分だけ広げてもしくは間をあけて挟んで乾かすのを早くしたり、収納するときは一番小さくしてスペースを取りません。

効率がよい洗濯物の乾かし方をしたい人はおすすめの商品です。

フードをかけられるハンガー

男性はフード付きのパーカーを好きな人がいたり、冬場は防寒として首を温めますので重宝する人もいます。

フード付きのハンガーはひとつでも持っていると非常に便利です。

あとはすべて乾いているのに、フードだけ乾かないという状況を避けて、乾きやすい状態にしてくれます。

まとめ

洗濯する機会が少ないからこそ、一回の洗濯を効率よくきちんと乾かしたいものです。

便利な具グッズがあれば、負担を減らすことはできますし、嫌なことが改善されることがあります。

たまの休みの洗濯に時間を取られたり、面倒がかかるのはもったいないです。

一度楽なグッズを買うと、壊れるまでずっと使用することができますし、値段もそこまで高くはないですので、効率よく合理的なものを好む男性には特におすすめのグッズとなりますよ。

物流ビジネスの現場の負担を軽くする宅配便ロッカーについて

物流ビジネスの新しいサービスとして定着しつつあるのが、宅配便ロッカーですよね。

宅配便ロッカーは、送られてきた荷物を受け取るのに非常に便利なサービスです。

現代社会に欠かせない宅配便ロッカーについて紹介します。

自宅以外で荷物を受け取れる

宅配便ロッカーの最大の利点は、自宅以外で荷物を受け取れる点です。

自宅で荷物を受け取るのが難しい人に、特に大きなメリットがあるサービスです。

荷物の受取人が、いつも在宅しているとは限りませんよね。

たとえば夜遅くまで残業していたり、出張が多かったり、不規則な生活をしていたりなどの事情で、在宅していないケースがあります。

宅配便ロッカーを利用すれば、自分の好きなタイミングで荷物を受け取れます。

操作が簡単だから誰でも使える

宅配便ロッカーの操作は決して難しくありません。

まず配送会社から開錠のためのパスワードが端末に送信されます。

宅配便ロッカーがある場所まで行って画面を操作し、パスワードを入力します。

指示に従い操作を進めると、扉が開いて荷物を受け取れる仕組みです。

最初は戸惑うかもしれませんが、慣れれば簡単に操作できます。

操作が簡単なので、誰でも使えるのが特徴のサービスです。

再配達の回数が減る

荷物を届ける宅配業者にとって大きな負担となるのが、受取人不在による再配達ですよね。

不在が繰り返されれば、それだけ宅配業者の負担が大きくなります。

荷物を預かっている以上できる限り届けなければいけないため、少なくとも数回は再配達せざるを得ません。

物流ビジネスの現場の負担は少しでも軽くする必要がありますが、宅配便ロッカーを活用することで再配達の回数を減らせます。

物流ビジネスを持続可能にするためにも、宅配便ロッカーは必要不可欠です。

PUDO(プドー)ステーション | パックシティジャパン

まとめ

物流ビジネスのサービスでスタンダードになりつつある、宅配便ロッカーについて解説しました。

ネット通販が普及して以降、通販を利用する回数が増えた人は非常に多いです。

通販利用者の増加で問題となっているのが、受取人不在による再配達の増加です。

再配達を繰り返せば、それだけ物流ビジネスの現場に大きな負担がかかりますよね。

ですので宅配便ロッカーの設置は、物流ビジネスを持続可能にするためにも必要不可欠です。

不在がちの人は、宅配便ロッカーを有効活用しましょう。

【高効率の昼寝】パワーナップのコツを紹介!

忙しい中でもかろうじてわずかに時間が取れるのは昼食前後の昼休みです。

この時間帯を有効活用することで夕方や夜間の業務にも耐えられます。

今回は、昼寝を高効率で行い体力と精神力の回復を図るパワーナップについてまとめました。

日中の短時間の昼寝+αがパワーナップ

パワーナップといっても昼寝に少しの工夫を加えただけの行為です。

その行為とは昼寝前のカフェイン摂取と10分~30分の短時間の昼寝になります。

カフェインの効果を発揮するのが昼寝が終わった10分後以降になるので、短時間の昼寝で集中して回復を図った後、カフェインによってブースト効果が得られるのです。

10分、あるいは長くとも30分という時間は一見短い印象があります。

しかし、忙しい中でそれだけの時間を捻出するのはギリギリの時間といえるのではないでしょうか。

さらにむやみに長時間の昼寝を取ってしまうと、かえってだるくなるといった弱点もあります。

10分ではいきなり眠れない

最初は10分で寝付いて、しかも起きるといったことはなかなかできません。

そのため、とりあえずカフェインを摂取した後、目をつぶって横になることを実践してみましょう。

そうすることによって目からの情報をシャットダウンできるので、その分だけでも回復を図ることができます。

とりあえず目をつぶって眠れたらラッキーといった形で実践してみるのがおすすめです。

慣れてくると、10分でも十分なパワーナップを取れるようになります。

パワーナップの効用

短時間の昼寝、パワーナップは集中力の向上、ストレス軽減、記憶力アップ、作業効率アップ、そして長期的には心疾患や認知症の予防といったことも期待できます。

単に休憩するのではなく、健康増進のつもりで取り組んでみるのもおすすめです。

『パワーナップ』は効果的な疲労回復法。上手に利用して疲労回復につなげよう|疲れに効くコラム powered by リポビタン|大正製薬

まとめ

パワーナップはビジネスマンが速やかに体力を回復できる貴重なアクションです。

昼寝に一工夫加えるだけで、その効果は高まり効率も上がります。

実際に体力が衰えてくる40代以降ほど、このパワーナップは効果を発揮します。

公私ともに忙しい年代こそ、平日のわずかな時間を活かしてパワーナップを実践してみましょう。

終業間際までラストスパートできる体を作るためにも、寸暇があれば実践してみましょう。

きっと午後のコンディションが変わってきます。

カーシェリアリングの魅力やメリットについて

カーシェリングは、マイカーを持たなくても移動ができる都心部に住んでいる人にとって、メリットが大きいサービスです。

必要な時にだけ車をレンタルして運転出来るため、維持管理費などがかからない利点があります。

車の維持費が必要無い

カーシェリアリングの最大の魅力は、マイカーなような車の維持管理費が必要無い点です。

マイカーを持っていると、車の税金や保険料、車検費用など様々な費用が必要です。

車の年間の維持費だけでも、かなりの負担となってしまいます。

カーシェリアリングでは、これらの車の維持管理費用が必要無いため、費用負担を最小限に抑える事が出来ます。

車が無くても、公共交通機関が充実している都心部や都市部であれば、カーシェリアリングを活用する事で、様々なメリットが得られます。

色んな車種に乗れる

カーシェアリングのメリットは、様々な車種に乗ること出来ること。

マイカーの場合、一度車を購入すると当面の間マイカーに乗る事になります。

そのため、同じ車種に長く乗ることになりますが、カーシェアリングでは様々な車種に乗れる楽しさがあります。

大手自動車メーカーもカーシェリングに参入

カーシェリングの需要も増えてきている事から、大手の自動車メーカーもカーシェアリングに参入してきています。

都心部を中心に、カーシェリング事業も拡大してきており、様々なメーカー、店舗のカーシェアリングを選んで利用出来るメリットもあります。

これまでは、マイカーが当たり前の時代でしたが、これからは都心部をはじめカーシェリングが、より利用しやすくなる環境が期待されています。

ゼロから学び直す「カーシェア」 実はトヨタ自動車も参入済み | 自動運転ラボ

まとめ

公共交通機関が発達しているエリアで、車が不要な場合にはカーシェリングの利用は、多くのメリットがあります。

車の維持費などは、年間で算出すると非常に高額です。

カーシェアリングに切り替える事で、車の維持費を削減し生活費にもゆとりが出るメリットがあります。

30代の働き盛りの男性でも、マイカーの考え方に拘らずカーシェリングを活用すると、あらゆる面でメリットがあるのです。

カーシェリングの需要は今後、さらに増えていくと思われます。