広島の不動産事業には何があるのか?3つの種類を紹介!

広島は広島市を中心に多くの都市があります。
もちろん山間部や離島にも土地があり、今も盛んに不動産取引が行われています。
そんな不動産に関する様々な事業を行っている不動産事業は、どのようなものがあるのでしょうか。

広島には主に3つの不動産事業がある

広島には主に開発、流通、管理の3つの分野の不動産事業があります。
厳密に言えば、これらをさらに細かく分けた分野がありますが、その点は次の項目で解説しましょう。
話を戻しますが、開発、流通、管理のそれぞれの分野について説明します。

まず、開発は、デベロッパーと言います。
土地を集めて、マンションやアパート、ビル、商業施設などを建設し、販売、賃貸提供します。
広島でも多くのデベロッパーが活躍し、特に広島市などの都市部で多くの事業を手掛けています。
特にパワービルダーと呼ばれる、2,000~4,000万円程度の価格で分譲する建売住宅業者は、広島県の南部を中心に多くの業者がいるのが特徴です。

流通は、売買や賃貸を仲介する業者です。
いわゆる不動産屋さんがこれに当たります。
売り手と買い手を結びつける業務で、場合によっては販売代理も担当します。
広島の駅前にあるような不動産屋さんも多く、競争の激しい分野です。

管理は、賃貸管理会社をいいます。
大家(オーナー)から管理委託を受けて、空室を埋めるために活動したり、集金業務などを行う部門です。
立地の悪そうな場所で、不動産屋さんの割にはお客さんがいなさそうな不動産会社がありますが、このような会社は、管理業務が主になっていることが少なくありません。

3つの部門は細分化できる

広島でも多くの不動産事業を手掛けている会社がありますが、今紹介した3つの部門を詳細に分けると次のような部門に分けられます。

デベロッパーは、マンション、戸建て、アパートのそれぞれに得意とする会社があります。
もちろん、広島市街地で巨大な都市開発をするような企業もあります。

売買仲介は、多岐にわたります。
販売仲介や、買取再販、リフォームをして販売し直す業者もいます。
徐々に浸透していますが、IT技術を生かしてネットで販売を行ったり、小口投資家を集めて不動産投資を行ったりする不動産テックもこの分野です。
更に賃貸仲介は、管理仲介や自社物件仲介、客付け仲介(不動産取引の依頼を顧客から直接受けている仲介業者)も含まれます。

最後の管理ですが、これは売買仲介が兼務することも少なくありません。

広島に限らず全国でこのような分野で不動産事業が進められています。

定住・移住支援が充実している広島。不動産関連支援が充実している自治体も!

広島は南に瀬戸内海、北西部に中国山地が広がる自然に恵まれた地域です。工業、商業、農業、漁業と各産業がバランスよく発展しています。これにより、日本国の縮図と呼ばれています。年間を通じて晴れの日が多く過ごしやすい地域となっています。

移住・定住支援関連の制度が豊富に用意されている広島

広島も日本社会が抱える少子高齢化に悩まされます。その対策として広島では積極的な移住・定住制度を進めています。広島の移住・定住制度内容は非常に充実しています。具体的な定住・移住支援策の内容は各自治体により異なります。広島への移住を検討されている場合、移住検討の自治体ホームページなどで確認しましょう。また、広島では東京圏に居住している方を対象に移住希望地来訪に必要な交通費を片道分補助する制度があります。このように、広島では移住・定住に関する制度が多く用意されています。

広島では住宅購入や改修支援が用意されている自治体がある

定住・移住支援策が豊富な広島では、不動産に関する住まいの支援が充実しています。例えば、空き家バンクを活用して空き家や空き地情報の提供。新築住宅建築費用の一部補助。中古住宅取得費用の一部補助。住宅改修費用の一部補助など不動産関連の支援が充実しています。支援には、交付対象者や交付内容など自治体によって違うため広島への定住や移住を検討される場合はホームページを確認してみてください。

定住・移住者向け不動産関連の支援が充実している広島の魅力

定住や移住では、住宅問題や仕事、地域とのつながりなど気になることが多いですね。定住や移住を成功させるには、移住者向けの支援策が充実している土地を選ぶことです。不動産関連の支援は大きなものとなるのでしょう。不動産の購入や改修には高額な費用が必要です。不動産に関する補助金や支援制度が整っていることは移住者にとり大きな助けとなるでしょう。広島は不動産関連の補助や支援が充実している自治体が多い点も魅力なのではないでしょうか。