肥料の作成に使われる畜糞発酵乾燥装置とは?

畜糞発酵乾燥装置をご存知でしょうか。おそらく、問いかけられた方の多くは咄嗟に答えられないアイテムだと思われます。生活に馴染みのない機械なので当然なのかもしれません。

畜糞発酵乾燥装置とは?

畜糞発酵乾燥装置とはその名の通り、動物の糞を発酵・乾燥させる装置を指します。畜産業で使われる機械で、牛・豚・鶏といった家畜の糞尿処理に利用されます。乾燥した糞は有機肥料になるため、一連の流れを堆肥化処理ともいいます。自然乾燥させるので悪臭がなく、燃料費が要らないのが大きなメリットでしょう。畜糞発酵乾燥装置は「岡田製作所」を筆頭に様々な企業で販売されています。

有機肥料の使用用途

有機肥料には有機物(動物の糞や魚粉く)が成分として含まれています。有機物を発酵・乾燥させて作った肥料は化学処理を施しておらず、微生物が繁殖しやすい土壌になります。結果として土の保水性や通気性が上がるため、豊かな土壌を必要とする有機栽培に活用されます。有機肥料の制作過程において非常に有用な畜糞発酵乾燥装置。その製作はどのようにおこなわれているのでしょうか。より深く詳細に迫ります。

畜糞発酵乾燥装置の設計は?

畜糞発酵乾燥装置はメーカーによって設計が異なります。とはいえ、基本的な機能として蓄糞の搬入・発酵・搬送・搬出の四つのオプションが備わっている機械がほとんどです。搬入された畜糞を発酵・乾燥させた後に搬送するのですが、その際に自動で袋詰めしてくれる機能もあります。大量に発生した畜糞の効率的な処理が可能かつ脱臭対策がスタンダードです。装置は規模の大きいものが多く、大抵はメーカーが直接工場に出向いてプラント据付をおこなってくれます。また、要望に合わせて畜糞発酵乾燥装置の設計を受け付けている企業も多々みられるため、工場の規模や希望する畜糞発酵乾燥装置のサイズ、付けてほしいオプションを選択できます。

福岡にも多くある冷凍冷蔵設備とはどんな設備なのか?

冷凍冷蔵設備といえば、なんとなくイメージできるものの、具体的んいどのようなものをいうのか分からないという方も少なくありません。
しかし、実際は福岡にも多くの場所で活躍している設備でもあります。

福岡でも活躍する冷凍冷蔵設備とは?

冷凍冷蔵設備は一言でいえば、食品を始め様々な物品を冷凍または冷蔵して保存するための設備を言います。
福岡でも多くの冷凍冷蔵設備があり、主に食品の衛生管理や工業製品の品質管理に利用されている設備です。
具体的には大型の冷凍倉庫や冷蔵倉庫、屋外のコンテナや室内の保管庫、さらには商品陳列用のショーケースも冷凍冷蔵設備に含まれています。
つまり、福岡にある工場や倉庫だけでなく、小売店のように身近なところでも見かけられるのが冷凍冷蔵設備といえるでしょう。
冷凍冷蔵庫、ショーケース、倉庫、プレハブ冷蔵庫、コンテナなど福岡の生活や経済活動になくてはならないものといえるのが冷凍冷蔵設備なのです。
これだけ幅広い分野で活躍している冷凍冷蔵設備ですが、環境によって状況に応じた改造や設置の工夫がなされています。
例えば、ドライルームやクリーンルーム内に冷凍冷蔵設備を設置する場合も、それに応じた設置の工夫が施されているのが特徴です。

福岡で冷凍冷蔵設備を設置するには?

基本的に冷凍冷蔵設備を福岡で設置する場合は、専門の業者に依頼するのがベストです。
また、冷凍冷蔵設備はその性格上、保守やメンテナンスも定期的に行われているものであり、サービスエンジニアが適切に対応する企業に依頼するようにしましょう。
安易に、福岡で安いかったからという理由だけで選ぶのではなく、アフターメンテナンスに強いかどうかといった点も検討して、冷凍冷蔵設備の施工業者を選ぶのがポイントです。
そうすることで、長年にわたって冷凍冷蔵設備を維持管理できるようになるでしょう。